CASE

内科診療

  • 内科診療泌尿器疾患

    腎不全

    腎臓の機能低下は高齢になる程進行しやすく、体の中の老廃物を体外に排泄できなくなります。症状は様々で、水をよく飲み尿が増えてきたり(多飲多尿)、痩せてきたり、毛並みが悪くなります。進行すると食欲もなくなり、嘔吐やけいれんを起こし死に至ることも...

  • 内分泌疾患内科診療

    内分泌疾患に対する各種検査

    脳下垂体、副腎、甲状腺、膵臓、性腺(精巣や卵巣)などから分泌される”ホルモン”の合成、分泌、代謝あるいはその作用異常によって引き起こされる病気です。ホルモンは体内、外界からの変化に対応して体液量やミネラルバランスなど体内の環境を一定に保ち、...

  • 内分泌疾患内科診療

    甲状腺機能亢進症

    高齢の猫に多く、甲状腺の腫瘍などによって、甲状腺ホルモンの分泌異常が起こります。甲状腺ホルモンは新陳代謝をコントロールする働きをしますが、過剰な分泌により赤血球増加や心拡大などを起こします。また必要カロリー量も増加するため食欲が増えますが、...

  • 内分泌疾患内科診療

    副腎皮質機能亢進症

    副腎から分泌されるホルモンの過剰分泌が原因でクッシング症候群とも呼ばれています。犬で最も多い内分泌疾患です。副腎からの糖質コルチコイド(コルチゾール)の慢性的な過剰分泌により引き起こされ、下垂体の副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の過剰分泌に...

  • 内分泌疾患内科診療

    糖尿病

    糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンの作用不足による代謝性疾患です。インスリンは血糖値を下げるホルモンで、膵臓で産生・分泌されます。インスリンの作用が不足すると糖の代謝が阻害され、血糖値が上昇して尿中に糖が排出されます。糖尿病は中高齢に多く...

  • 内科診療消化器疾患

    消化器疾患に対する各種検査

    消化器とは、食道、胃、小腸、大腸、また、肝臓、胆嚢、膵臓なども消化器に含まれます。そして消化器症状もまた多様です。どの臓器に異常があるのか、各種検査によって診断し、適切な治療を行っていくことが重要となります。 主な消化器症状食欲不...

  • 内科診療泌尿器疾患

    泌尿器疾患に対する各種検査

    泌尿器とは血液中の老廃物のろ過、水分の保持や電解質などの恒常性を維持するための”腎臓”、そこで生成された尿を貯蓄するための”膀胱”が主な臓器になります。泌尿器は犯される部位により症状は様々です。例えば腎機能が低下すると、毛づやの悪化、元気食...

  • 内科診療血液疾患

    輸血について

    輸血は当院の供血犬、供血猫によって行うことができます。(同居のわんちゃん、ねこちゃんで供血していただける場合は料金を割引させていただきます。) なお、初診の方で輸血のみを行うことはできません。当院で検査、診断を行い状態を把握してい...

  • 内科診療血液疾患

    猫の貧血

    外に行く子は、ノミやダニによる吸血や、それから感染するヘモプラズマ(赤血球の寄生虫)という病気などが貧血の原因としてあげられます。また猫白血病ウイルスによるものも多く見られます。外に行かない子も慢性炎症や慢性腎臓病、骨髄疾患での貧血が見られ...

  • 内科診療血液疾患

    自己免疫性血液疾患(赤血球、血小板などの異常)

    最も発生率が高いのが免疫介在性溶血性貧血です。自分の赤血球を、何らかの原因で免疫システムに異常が起き自分の血液を破壊してしまう病気です。他にも血小板を破壊してしまう”特発性血小板減少症”は皮膚や粘膜に紫斑(青紫のあざ)ができ、進行すると消化...

  • 内科診療血液疾患

    リンパ腫(リンパ球の腫瘍化)

    犬猫の血液疾患の中では発生率が高く、進行性で死亡率の高い病気です。体の免疫を調節しているリンパ球が増殖する病気で、犬では全身のリンパ節が腫れるタイプが多く、猫では腸にしこりができるタイプと胸水の貯まるタイプが多く見られます。 診断...

お得な情報配信