CASE

内科診療

  • 外科診療消化器疾患軟部外科

    会陰ヘルニア

    会陰ヘルニアとは会陰ヘルニアとは、骨盤隔壁と会陰部の筋肉の脆弱化が主な原因となってヘルニア孔(筋肉間の隙間)ができ、その隙間に便が溜まった直腸や膀胱が入る込むことでお尻周りが膨れあがり、排便排尿困難を引き起こす疾患です。重度になるとその隙間...

  • 内科診療皮膚疾患

    犬の皮膚石灰沈着症

    犬の皮膚石灰沈着症原因は副腎皮質機能亢進症、糖尿病、慢性腎臓病、腫瘍、外傷、カルシウム成分の過剰摂取など様々なものが考えられます。この子は他院にて長期間ステロイド治療が行われており、治らないのでセカンドオピニオンで来院されました。まず、一般...

  • 内科診療外科診療皮膚疾患腫瘍外科

    犬の肥満細胞腫

    犬の肥満細胞腫肥満細胞腫は、犬の皮膚や皮下に多くみられる悪性の腫瘍です。同じ肥満細胞腫でも、手術で簡単に治ってしまう悪性度の低いものから、急激に進行する悪性度の高いものまで、かなりのバリエーションがあり、腫瘍の悪性度により治療法もさまざまで...

  • 内科診療外科診療皮膚疾患腫瘍外科

    犬の皮膚組織球腫

    犬の皮膚組織球腫組織球腫は3歳前後の若齢犬に多く発生する腫瘍です。原因は表皮に存在するランゲルハンス細胞に由来すると考えられているが、詳しくはわかっていません。特徴として腫瘤は直径1~2cm程度で赤色、無毛、ドーム状のものが多く見られます。...

  • 内科診療

    てんかん

    ◎てんかんとはてんかん発作が繰り返し起こる病気です。てんかん発作は、脳の電気信号が過剰になることで起こります。症状として、体がつっぱって固まる(強直性発作)、全身をガクガク·手足をバタバタさせる(間代性発作)、顔がひきつる、体が弓なりに反る...

  • 皮膚疾患

    疥癬(カイセン)

    疥癬(カイセン)<原因>犬:イヌセンコウヒゼンダニ猫:ネコショウセンコウヒゼンダニいずれのダニも宿主特異性が強いですが、ネコショウセンコウヒゼンダニは犬に感染することがあり、ヒトに対して一時的な病変をつくることがあります。<症状>感染してか...

  • 内科検査内科診療

    内視鏡検査の特徴について

    内視鏡検査および治療の最大の特徴は、チューブの先に埋め込んだレンズを通した画像により生体内の粘膜表面を肉眼的に観察でき、外科手術に比べてとても低侵襲に消化管の検査・処置をおこなえることです。動物と飼い主様の負担が少なくすむ「優しい」医療であ...

  • 皮膚疾患

    皮膚疾患の治療方法・検査方法

    治療目的完治を目指す治療 皮膚の感染症(細菌、真菌、ノミやダニの寄生)の治療など完治がみこめる治療です。完治はできないが、症状の悪化を抑える治療 アレルギーや自己免疫疾患などで、痒みや炎症などを抑える対症療法などです。 皮膚のコンディション...

  • 内科診療泌尿器疾患

    尿道詮子

    これは尿道閉塞の原因となりやすく、おしっこが出せなくなってしまうことが度々あります。また、膀胱炎や尿石症からも尿道閉塞は起こります。おしっこを2、3日出せなくなると、元気や食欲がなくなってきますが、そのまま放置すると腎臓にまで影響し、場合に...

  • 内科診療泌尿器疾患

    結石症

    食事や個々の体質、他の泌尿器疾患に伴って、尿中のpHが変動したり、感染症などにより結石ができやすくなります。できてしまった結石を内科的に除去することは難しく、多くは外科手術で摘出することになります。また結石はできる部位により治療法も大きく変...

  • 内科診療泌尿器疾患

    膀胱炎

    原因は細菌感染や結石(結晶)などが挙げられ、また原因が特定できない『特発性』も多く、これはストレス、病原微生物、尿路上皮バリヤの変化、自己免疫疾患などが要因と考えられています。治療は原因によって異なりますが、細菌性膀胱炎の場合は抗生剤が有効...

  • 内科診療泌尿器疾患

    腎不全

    腎臓の機能低下は高齢になる程進行しやすく、体の中の老廃物を体外に排泄できなくなります。症状は様々で、水をよく飲み尿が増えてきたり(多飲多尿)、痩せてきたり、毛並みが悪くなります。進行すると食欲もなくなり、嘔吐やけいれんを起こし死に至ることも...