DOCK

ペットドックについて

定期的な健診が、病気の早期発見に繋がります

ペットドックとは、ペットにおける「人間ドック」のことです。犬や猫は、1年で人間の年齢に換算して4歳年を取るといわれています。ペットは言葉で自分の病状を伝えることができません。そのため私たち人間がわかるほどの症状が現れた時には、病気が進行していることがほとんどです。大切な家族の一員であるペットの健康のためには、早期発見がとても有効です。

ペットドックでは複数の検査を同時に行いますので、多くの病気の早期発見につながります。また、病気の進行度合いを判断して、今後の治療方針を決めることもできます。さらには、健康なときのデータを毎年更新することにより、今後の病気の発見がより早期にできます。このような理由から、当院では飼い主さんとかけがえのない家族であるペットがいつまでも元気で過ごせるよう、1年に1回のペットドックをおすすめします。

検査内容一覧

一般身体検査 視診、聴診、触診、体重測定、体温測定、体表腫瘤・リンパ節チェック
皮膚診 ※必要あれば皮膚検査
耳診 耳処置 ※必要あれば耳垢検査
血液検査 血球計算、生化学14項目、電解質
尿検査 尿スティック検査、尿比重
糞便検査 直接法、浮遊法による検査
レントゲン検査 胸部、腹部各2方向
腹部エコー検査 肝臓、胆嚢、左右腎臓、左右副腎、脾臓、卵巣、子宮、前立腺、膀胱等の腹部臓器の検査
胸部エコー検査 心臓の構造検査
その他 爪切り、肛門腺絞り

検査風景

  • 採血

  • 血液検査

  • エコー検査

  • レントゲン写真風景

  • 胸部レントゲン

  • 皮膚診

  • 尿検査

  • 糞便検査

  • ケア(爪切り)

ペットドック(健康診断)の流れ

  1. Step01ご予約

    お電話または受付にて事前にご予約をお願い致します。

  2. Step02問診

    体調、病歴、普段の食事などの基本的な内容、ご家族が気になっていることなどについてヒアリングします。

  3. Step03お預かり

    問診終了後、ご家族の方には一度お帰り頂きます。お預かり中に院長が時間をかけて健康診断を行います。また、お預かり時にお迎えのご予約を取らせていただいています。

  4. Step04お迎え

    午後の診療時間内に、病院にお越しください。その時点で結果が出ているものに関しましては、お迎えに来ていただいた際にご説明させて頂きます。

  5. Step05結果報告

    検査結果を元に、診断、そこから分かること、今後気をつけるべきことなどを獣医師が詳しくご説明致します。また通常診療時に血液検査、尿検査のデータをお渡ししています。ご希望があれば、レントゲン検査、エコー検査などの画像もお渡しできます。

注意事項

  • 完全予約制です。
  • 8:30〜11:00にお預かりします。
  • 平日は16:30〜20:00、土日は15:00~18:00にお迎えとなります。
  • 絶食が必要ですので、朝食は控えてください。お水は朝まで飲ませても大丈夫です。
  • できれば、当日の朝、糞便と尿をお持ちください。
  • 検査結果は、お迎え時(結果の出ているところまで)にご説明いたします。
  • 検査を嫌がる場合、やむを得ず検査中止となる場合があります。その場合は電話にて飼い主様にご連絡いたしますので、当日連絡可能な携帯電話番号、連絡先をお知らせください。
  • 追加検査が必要な場合は、飼い主様と相談の上検査日程等について決定します。
  • 検査当日に別の検査、診察、治療などのご希望がありましたら 、必ず受付時にお申し付けください。