CASE

内分泌疾患内科診療

副腎皮質機能亢進症

副腎から分泌されるホルモンの過剰分泌が原因でクッシング症候群とも呼ばれています。犬で最も多い内分泌疾患です。

副腎からの糖質コルチコイド(コルチゾール)の慢性的な過剰分泌により引き起こされ、下垂体の副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の過剰分泌によるものと、副腎自体によるもの(副腎腫瘍)に分類されます。