CASE

内科診療泌尿器疾患

結石症

食事や個々の体質、他の泌尿器疾患に伴って、尿中のpHが変動したり、感染症などにより結石ができやすくなります。できてしまった結石を内科的に除去することは難しく、多くは外科手術で摘出することになります。また結石はできる部位により治療法も大きく変わりますので、しっかりとした診断が必要です。

予防は主に食事療法になります。結石は様々な種類があり、これを尿検査や結石定性でしっかり確認した上で食事を選択します。

 

image003  image005