CASE

内科診療血液疾患

猫の貧血

外に行く子は、ノミやダニによる吸血や、それから感染するヘモプラズマ(赤血球の寄生虫)という病気などが貧血の原因としてあげられます。また猫白血病ウイルスによるものも多く見られます。

外に行かない子も慢性炎症や慢性腎臓病、骨髄疾患での貧血が見られます。

治療は、ノミダニ、ヘモプラズマであれば駆虫、慢性炎症はその原因の治療を行います。

慢性腎臓病や骨髄疾患では非再生性貧血(骨髄で血液が作られず血が増えてこない)になることが多く輸血が必要になることもあります。

 

image020ノミ

 

image022ダニ(左:吸血前、右:吸血後)

 

image023ヘモプラズマが寄生した赤血球

 

image025猫の白血病骨髄標本