CASE

内科診療外科診療皮膚疾患腫瘍外科

犬の皮膚組織球腫

犬の皮膚組織球腫

組織球腫は3歳前後の若齢犬に多く発生する腫瘍です。

原因は表皮に存在するランゲルハンス細胞に由来すると考えられているが、詳しくはわかっていません。

特徴として腫瘤は直径1~2cm程度で赤色、無毛、ドーム状のものが多く見られます。たまにプラーク状で扁平なものもあります。

急速に大きくなりますが、臨床症状は認められません。

診断

年齢的な特徴や経過、独特な腫瘍の形状から皮膚組織球腫を予想することができます。

針吸引にて細胞を採取し、顕微鏡で検査し診断します。

治療

基本的に数週間~3ヶ月で自然退縮しますので無治療でよい場合が多いです。

しかし腫瘍があまりにも大きくなった場合や3ヶ月しても退縮しない場合は手術による切除が推奨されます。