CASE

外科診療腫瘍外科

乳腺腫瘍

乳腺腫瘍は未避妊のメス犬で最も多く見られる腫瘍で、メス犬全体の腫瘍の約半数を占めています。またごく稀ではありますがオス犬に発生することもあります。

7歳以降から発生しやすく、大きさにもよりますが良性、悪性は半々といわれています。

 

原因はエストロゲン・プロゲステロン などの女性ホルモンとの関係があると考えられています。避妊手術を受けていないわんちゃん は発情後に乳腺腫瘍が大きく成長することがあります。

しかし、早期の避妊手術によって腫瘍の発生確率を大きく減少できることがわかっています。

 

image003 image001[卵巣子宮摘出時期と乳腺腫瘍の発生率]

初回発情の前          0.05%

初回発情と2度目の発情の間          8%

2度目の発情の後                      26%

 

乳腺腫瘍の臨床データで、腫瘍の大きさによって悪性度、転移率が変わることがわかっており、あるデータでは3cm以上になるとそれが上昇します。もしもおうちでお腹にしこりを発見した場合は早めに診察を受けることをおすすめします。