TOPICS

ブログ

療法食について(メーカー紹介)

当院では、愛犬・愛猫の食事管理の指導を行っております。

病気のペットの食事は非常に重要で、正しい食事を与えることで病状の軽減をはかることができます。また皮膚病や消化器病の予防になる食事もあり、気になる子にはそのような食事が推奨されます。しかし、間違った食事を与えてしまうことで逆に病状を悪化させてしますこともあります。そこで、しっかりと食事の管理について獣医師や栄養管理アドバイザーのスタッフが丁寧に説明させていただきます。

当院では、主に次のメーカーの商品を使用しています。その他のメーカーの取り扱いもございますので、お気軽にご相談ください。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナンは、病気を患うワンちゃんやネコちゃんの食事管理や健康維持に着目し、独自の臨床栄養学を長年にわたって研究しており、より改良を重ね続けています。

特に企業理念でもある「ヘルスニュートリション– 個々の犬と猫で異なる栄養要求に合わせた50余りの栄養素の最適なバランス」に基づき、1食あたりの量や種類、栄養素や嗜好性、食べやすい形状など、食事療法に最適なペットフードだといわれております。

ヒルズ

ヒルズは世界初となる療法食を作ったペットフードメーカーです。商品はどれも動物の健康や病気のことが考えられており、総合栄養食としての非常に高い知名度を誇っています。

一般店で購入できるものや動物病院専用シリーズ、運動能力の維持・向上や毛玉対策など、豊富なラインナップから、その子に合わせたタイプを選んで食べさせてあげられます。嗜好性も向上しており、特にウェットフードはネコちゃんに大人気の味わいです。

ピュリナプロプラン

ピュリナはコーヒーでおなじみの「ネスレ」のグループ会社であり、創業は1902年で100年以上の実績と歴史を持つペットフードメーカーです。

特にピュリナプログランは最新の科学的知見に基づき、多くの科学者の協力や研究に基づいて開発されたペットフードです。タンパク質や炭水化物、ビタミンやミネラルなど、ワンちゃんやネコちゃんの活動に必要な栄養素をバランス良く配合し、原材料や味わいにもこだわって作られています。

ファルミナペットライフ

ファルミナペットライフは、動物病院専用の療法食として初めて開発されたペットフードです。自然派の酸化防止剤の使用や独自の製造プロセスを確立し、より高い技術力と安定した品質を生み出していることが特徴です。

ファルミナの哲学の指針でもある「自然」を軸に、イタリアのフェデリコ2世・ナポリ国立大学と連携して研究を重ね、自然由来の原材料を生かして安全性の高さにこだわったペットフードになっています。