診療案内|知立市・刈谷市・豊田市・安城市の夜間診療可な動物病院

夜間診療

0566457272

ひだかペットクリニックのフェイスブックページ

9:00~12:00/17:00~20:00 ※土曜午後は16:00~18:00
[休診日]木曜/日曜午後/祝日午後
緊急連絡先:080-3637-2211

診療案内

診療対象動物

診療対象動物

犬・猫の治療をメインに行っております。 また、ウサギやフェレット、ハムスターなどの小動物も診療可能です。

診療時間

診療時間

木曜は休診、土曜午後は16:00~18:00までの診療、日曜・祝日は午前のみ診療を行っております。

夜間診療について

夜間(時間外)診療については、緊急の場合及び当院にカルテのある方に限り対応しております。また、直接ご来院頂いても対応できかねます。必ずお電話にてご連絡の上、来院して下さい。
詳しくは「夜間診療」ページをご確認下さい。

夜間診療

外科診療

外科診療

当院では、避妊・去勢手術から外傷治療、腫瘍切除、骨折や脱臼など、一般外科診療全般を行っております。
手術を行う前には、その疾患が手術適応なのか、ペット側のリスクはどうなのか、費用はどれくらいかかるのかなど、飼い主様が気になることは全てしっかりとご説明致します。

外科診療

外科手術の流れ

■Step1 ご予約

手術は原則として、事前に予約が必要です。去勢・避妊手術など、健康上問題がないと考えられる動物の手術の場合、手術当日に術前検査を行うことも可能です。お電話にてご確認下さい。

■Step2 術前検査

手術を行うにあたり、動物の状態を確認するために術前検査を行います。
一般身体検査のほか、動物の年齢、症状、手術の種類などに応じて、血液検査やレントゲン検査、超音波検査などを行います。検査の結果によっては、手術を中止または延期する場合があります。

■Step3 手術の説明・お預かり

術前検査の結果を踏まえ、実際の手術における手術方法やメリットやデメリット、術後合併症の可能性などについてご説明いたします。獣医師の説明で、ご不明な点やご心配な点などがありましたらご質問ください。

■Step4 手術の準備

お預かり後、手術に向けて、動物の毛刈り、点滴のための血管確保、鎮静薬等の準備などを行います。動物の状態によっては、手術の数日前から持続点滴を行う場合もあります。

■Step5 麻酔・手術

手術は基本的に、全身麻酔下で行います。年齢、健康状態、手術の種類に応じて、適切と考えられる麻酔薬、麻酔量を使用します。手術中は必ず麻酔モニターを行い、麻酔記録を残すようにしています。
また、手術内容に応じて、様々な器具、機器を用いることで、手術時間の短縮、手術リスクの軽減を実現致します。

■Step6 術後管理

術後の入院期間は様々です。手術計画の説明時に大体の目安をお伝えしますが、術後経過によって入院期間が前後することもありますので、その都度、状況をお伝え致します。

  • [基本的な手術器具]

  • [手術風景]

  • [心電図モニター]

  • [麻酔気化器]

  • [麻酔記録]

内科診療

内科診療

当院では、定期的な健診、健康相談、予防接種など、一般内科診療全般を行っております。
ペットは大切な家族の一員です。元気に長生きしてほしいという願いを叶える為にも、小さな体調の変化に気づき早めの受診を心掛けましょう。

内科診療

健康診断(ペットドック)の流れ

■Step1 ご予約

お電話または受付にて事前にご予約をお願い致します。(受診日、プランの決定)

■Step2 問診

体調、病歴、普段の食事などの基本的な内容、ご家族が気になっていることなどについてヒアリングします。

■Step3 お預かり

問診終了後、ご家族の方には一度お帰り頂きます。スタッフが時間をかけてプランに応じた健康診断を行います。

■Step4 お迎え

午後の診療時間内に、病院にお越しください。その時点で結果が出ているものに関しましては、お迎えに来ていただいた際にご説明させて頂きます。

■Step5 結果報告

検査結果を元に、診断、そこから分かること、今後気をつけるべきことなどを獣医師が詳しくご説明致します。
また通常診療時に血液検査、尿検査のデータをお渡ししています。ご希望があれば、レントゲン検査、エコー検査などの画像もお渡しできます。


歯科診療

歯科診療

動物も、人間と同じように虫歯や歯周病にかかります。動物の歯が汚くなったり、口が臭かったり、歯みがきを嫌がるようになったりした場合には、歯科治療を受けましょう。歯の病気も早期発見、早期治療が非常に大切です。
また、正しい歯磨きのアドバイスなども行いますので、お気軽にご相談ください。

歯科診療

歯科治療の流れ

当院では、安全のため全身麻酔で歯科処置を行っております。
無麻酔での処置はペットが暴れてしまったり、歯石をしっかり除去できなかったりと、十分な施術を行うことができません。

■Step1  術前検査

当日または術前1週間以内に下記の検査を行います。
・血液検査(必ず行います)
・レントゲン検査、超音波検査など(必要に応じて)
高齢の場合は基礎疾患を持っている可能性があるため、麻酔に対するリスクを考慮し、より正確な全身状態の把握が必要になります。

■Step2 点滴

場合により施術数時間前より点滴を開始します。麻酔は点滴から注入していきます。

■Step3 施術

1)予防的処置、歯垢、歯石除去(スケーリング)
超音波スケーラーで歯石の除去を歯周ポケットまで十分に行います。
歯石が取れたら、ポリッシングを行い歯の表面を滑らかに整え、今後の歯垢の付着を軽減します。
2)抜歯
歯根部の骨吸収の程度によって、抜歯するかどうかを判断し、必要に応じて抜歯します。

■Step4 術後・デンタルケア

スケーリングや抜歯をしたからといって安心してはいけません。歯石が取れても同じ生活をしていればまた歯石が付着してしまいます。
その子の状況に合わせて、今後の歯の予防についてスタッフからご説明致します。

  • [スケーリング前]

  • [スケーリング後]

  • [ポリッシング中]

ページトップへ