デンタルケア|知立市・刈谷市・豊田市・安城市の動物病院

診療予約

0566457272

9:00~12:00/17:00~20:00
※土曜午後は16:00~18:00
[休診日]木曜/日曜午後/祝日午後

ひだかペットクリニックのフェイスブックページ

ネット予約が取れない場合には、お電話かご来院ください。
※予約診療優先の中での診療となりますので、お待ちいただく場合もございますが、
診療受付いたします。

デンタルケア

歯磨きについて

3歳以上の犬の8割が歯周病予備軍といわれ、お口の健康だけでなく全身の健康への影響も懸念されます。歯周病を防ぐには、歯垢が歯石になる前に取り除くことが重要です。

そのため、私たちが毎日歯みがきするように、愛犬にも自宅でのオーラルケアが大切です。
それをしてあげられるのは、いつもそばにいる飼い主様だけです。

犬・猫用デンタルブラシ

  • 犬・猫用デンタルブラシ
  • 犬・猫用デンタルブラシ
  • 犬・猫用デンタルブラシ
  • 犬・猫用デンタルブラシ

犬用歯磨きペースト

  • 犬用歯磨きペースト
  • 犬用歯磨きペースト
  • 犬用歯磨きペースト

その他

  • その他
  • その他

他にも口の中に吹きかけるスプレータイプや手で磨くデンタルシートなどあります。

歯磨きの前に

ペットに口を触られる事に慣れてもらいましょう。

  • ①好物を見せる

    ①好物を見せる

    犬の好物を犬の口元に差し出します。

  • ②マズルを触る

    ②マズルを触る

    犬が好物に集中している間に、犬のマズルを反対の手のひらで包むようにします。

  • ③唇をめくる

    ③唇をめくる

    慣れてきたら、マズルを持った手の指で唇をめくる練習をします。

  • ④繰り返す

    ④繰り返す

    最初は、犬がほんの一瞬でもおとなしく唇を触らせてくれたら誉めて好物を与え、これを繰り返します。

  • ⑤大きく唇をめくる

    ⑤大きく唇をめくる

    Step3とStep4を繰り返してほんの少し唇をめくることに慣れたら、より大きく長い間唇をめくる練習をします。犬の好物を手に握り、反対の手でマズルを持って唇をめくります。

  • ⑥繰り返し練習する

    ⑥繰り返し練習する

    Step5に慣れてきたら、全ての歯(奥歯)を見ることが出来るように練習します。
    Step5と同じように、犬の好物とマズルをそれぞれの手で持ち、臼歯(奥歯)が見えるように犬の口角を引き上げます。

歯磨きの流れ

磨きやすい歯から、短時間の歯ブラシで慣らしていきましょう。

  • ①歯磨きの準備

    ①歯磨きの準備

    犬の好物と犬専用ペーストつき歯ブラシを持って、歯磨きの準備をします。

  • ②軽く唇をめくる

    ②軽く唇をめくる

    優しくマズルを持って軽く唇をめくります。

  • ③歯ブラシを一瞬あてる

    ③歯ブラシを一瞬あてる

    最初は歯ブラシを一瞬あてて、すぐにご褒美を上げます。
    少しずつ時間を延ばしてブラッシング出来るように練習します。

  • ④ご褒美を上げる

    ④ご褒美を上げる

    1ヵ所みがくごとに、ご褒美をあげましょう。

  • ⑤奥まで磨く

    ⑤奥まで磨く

    慣れてきたら、奥の方まですべての歯をみがけるようにしましょう。
    特に歯垢・歯石の付きやすい部分は丁寧にみがきましょう。

お口の健康を守るプロバイオティクス『デンタルバイオ』

お口の健康を守るプロバイオティクス『デンタルバイオ』

お口の健康を守るプロバイオティクス『デンタルバイオ』

【こんなお悩みはありませんか?】

  • 口を触らせてくれなくて、歯磨きができない。
  • 歯磨きガムを与えてもすぐに食べて、飲み込んでしまう。

飲ませるだけで口腔内環境が整い歯垢、歯石の付着を予防できます。
プロバイオティクスは、消化管内の善玉菌のバランスを整え、人や動物に有益な影響をもたらす微生物のことを言います。善玉菌は腸だけではなく、口の中でも働いています。だから、お口にもプロバイオティクスを与えましょう。
デンタルバイオにはプロバイオティクス(口腔内善玉菌 Streptococcus salivarius K12)が含まれています。

ページトップへ