外科診療|知立市・刈谷市・豊田市・安城市の夜間診療可な動物病院

夜間診療

0566457272

ひだかペットクリニックのフェイスブックページ

9:00~12:00/17:00~20:00 ※土曜午後は16:00~18:00
[休診日]木曜/日曜午後/祝日午後
緊急連絡先:080-3637-2211

外科診療

犬の橈尺骨骨折

整形外科 2017/09/11

小型犬にもっとも多い骨折です。 最近は小型犬の屋内飼育が好まれるようになってきたため、抱っこした状態から落ちたり、ソファから飛び降りた時に骨折してしまうケースがほとんどです。   単純な骨折ではギプス固定のように悲観血的に治療できるものもありますが、...

>>続きはこちら

胃拡張・胃捻転症候群

軟部外科 2016/10/19

この病気は中高齢の胸の深い大型犬に発生しやすいとされています。 ただしミニチュアダックスフンドやウェルシュコーギーなどの発生も確認されています。 またゴールデンレトリバーやバーニーズ・マウンテン・ドッグにおいては3歳齢での発症も確認されていることから、好発犬種...

>>続きはこちら

膝蓋骨脱臼

整形外科 2016/07/19

原因   膝蓋骨脱臼になる原因は、先天性のものと外傷などの後天的なものがあります。 先天的な原因としては、膝関節周囲の筋肉や骨、靭帯の形成異常などがあり、年齢とともにこれらの異常が進行することがあります。 後天性では、外傷や高いところからの落下による...

>>続きはこちら

乳腺腫瘍

腫瘍外科 2016/06/27

乳腺腫瘍は未避妊のメス犬で最も多く見られる腫瘍で、メス犬全体の腫瘍の約半数を占めています。またごく稀ではありますがオス犬に発生することもあります。 7歳以降から発生しやすく、大きさにもよりますが良性、悪性は半々といわれています。   原因はエストロゲ...

>>続きはこちら

椎間板ヘルニア

整形外科 2016/06/27

椎間板の髄核といわれる部分がなんらかの原因で飛び出して、脊髄神経を圧迫して起こる病気です。背中に痛みや痺れを生じ、重症の場合には立てなくなったり、足を引きずりさらに排尿困難など日常生活に大きな支障をきたすこともあります。   【好発犬種】 ミニチュア...

>>続きはこちら

ページトップへ